深夜帯の終電、バス新設 京成・JR発着時間延長に対応 【成田空港機能強化】

大幅増便となる京成の「スカイライナー」
大幅増便となる京成の「スカイライナー」

 成田空港で10月末の冬ダイヤから実施される夜間飛行制限変更に伴い、成田国際空港会社(NAA)は、国内・アジアの短距離路線や中東などの長距離路線の深夜フライトのほか、空港内店舗の営業時間を延長する。A滑走路の発着終了が従来の午後11時から午前0時へと1時間延びるため、鉄道各社は午前0時以降に空港を出発する終電の新設などを行い、増加する深夜時間帯の旅客の利便性向上を図る。

 京成電鉄は10月26日から、スカイライナーを増発。日中時間帯の20分間隔運行化のほか、午後11時20分成田空港発を新設する。日暮里着は同11時59分で、乗り継ぎを利用すると、常磐快速では我孫子(午前0時55分着)、山手線~中央線で高尾(同1時37分着)、京浜東北線~武蔵野線で東所沢(同1時3分着)などに到着が可能となる。また、京成本線は午前0時7分宗吾参道行きを新設する。

 JR東日本は10月27日から、成田線で快速千葉行きを午後11時45分空港発で当面の間、臨時運行する。千葉着は午前0時30分。

 京成バスは、空港発の高速バス深夜便を運行する。東京行きは午前0時15分発、幕張新都心・稲毛海岸駅行きは午後11時55分発となる。

 終電以降に成田空港を出発する東京・新宿方面へのバスアクセス拡充については、現在バス事業者で検討中という。

 一方、空港内店舗では、最終便の出発まで免税店・物販店・飲食店の営業時間を延長。到着の旅客に対しては、24時間営業のコンビニ店に加え、到着時免税店、手荷物宅配カウンターなど到着後に必要なサービスについても延長するという。


  • LINEで送る