焼き菓子2種きょう発売 仏パティシエ考案 オランダ家

 菓子製造のオランダ家(千葉市美浜区)は22日、新開発の焼き菓子「ラ・タルトレット」=写真=を発売する。30~40代の女性に照準を合わせ、ユズ・落花生・キャラメルを組み合わせた味、アーモンドとフランス産チョコレートを使った味の2種を用意した。

 仏国家最優秀職人章を受章した経歴を持つ在仏パティシエ、パスカル・モリネス氏がレシピを考案。従来商品とは違うコンセプトで味やパッケージを工夫し、現在の主顧客層である50~60代より若い世代の開拓を狙う。同社はこの商品を足がかりに、新業態店舗の展開にも乗り出す考えだ。

 1個税抜き200円。同社の販売店で取り扱う。


  • LINEで送る