球児たちの熱戦開幕 第92回全国高校野球選手権千葉大会

 第92回全国高校野球選手権千葉大会は10日、千葉マリンスタジアムで開幕する。参加174校の球児たちが、甲子園出場切符を目指して熱戦を繰り広げる。

 混戦模様は例年同様。春季県大会4強のAシード習志野、銚子商、千葉黎明、浦安のほか、センバツ出場の東海大望洋や昨夏準優勝の拓大紅陵、同4強の流通経大柏、好右腕・中川諒がいる成田などはノーシードからの戦い。各ブロックに実績のあるチームが散らばり、激戦必至だ。

 総合力で一歩リードするのが関東大会で準優勝した習志野。山下斐紹主将を中心に走攻守のそろった福田将儀ら、昨春のセンバツ出場者も多数残っている。高橋亮太はじめ末松克章、泉沢涼太の先発完投型3枚が計算できるのは、トーナメントを勝ち抜く上で優位になる。

 開会式は10日午前10時から千葉マリンで行われる。市原緑・田中大地主将が選手宣誓を務め、開会式後の市原八幡-千葉敬愛戦で火ぶたが切られる。部員不足のため勝浦若潮、大網、鶴舞桜が丘が出場を辞退。決勝は千葉マリンで25日午後13時から。


  • LINEで送る