五輪の町、一宮 世界に開かれた海へ いちのみや観光局代表社員・宇佐美信幸氏 【私論直言】

 日本は少子高齢化の時代を迎え、人口は減少の一途をたどり、地方の過疎化がさらに進むと予測されている。私が住む一宮町の商店街もシャッターが目立ち、かつてのにぎわいは「夢の跡」。このような状況の中、地方が生き残る効果的な手段として期待されるのが観光である。

 特にインバウンドは地方の救 ・・・

【残り 1235文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る