ちばの選挙

自公連携「安定運営へ」 対決野党、変革に意欲 千葉県内政界

 14日の衆院解散を受けて、各党千葉県内代表らは“臨戦モード”を強調。与党側は「安定した政権運営の継続が不可欠」とし、野党側は「政権選択の選挙で、政権交代を」とそれぞれ訴えた。

 自民党県連 ・・・

【残り 862文字】



  • LINEで送る