ちばの選挙

過去最多8新人届け出 千葉県知事選が告示 コロナで制約、異例の戦いに

候補者の演説を熱心に聞く支持者ら=4日午前、千葉市中央区
候補者の演説を熱心に聞く支持者ら=4日午前、千葉市中央区

 任期満了に伴う千葉県知事選が4日告示され、いずれも新人の8氏が立候補を届け出た。本県の知事選で8人が立候補するのは過去最多。発令中の新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言は2週間程度延長される見通しで、各陣営とも活動が制約される中での異例の選挙戦となる。投開票は21日。

 立候補したのは届け出順に、元千葉市長の熊谷俊人氏(43)、政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、医師の加藤健一郎氏(71)、元予備校講師の金光理恵氏(57)=共産党推薦=、元県立高校長の皆川真一郎氏(66)、元県議の関政幸氏(41)=自民党推薦=、政治団体代表の平塚正幸氏(39)、人材紹介会社社長の河合悠祐氏(40)の8人。

 各候補は届け出を済ませると、千葉市中央区でそれぞれ出陣式・第一声を行い、戦いに突入した。

 熊谷氏は、千葉中央公園で出陣式。「県民のための開かれた県政実現へ、皆さんの力を借りたい。ともに千葉の時代をつくろう」と支持を呼び掛けた。

 金光氏は、JR千葉駅前で第一声を行い、「千葉県を戦争の拠点にするのは絶対に許さない。私たちの正義を正々堂々と訴える」と強調し支持を求めた。

 関氏は、JR千葉駅前で第一声。「コロナ禍だけでなく、コロナ後もしっかりと支援策を用意し、皆さんの仕事をあらゆる手段で守る」と訴えた。

 7日には千葉市長選も告示され、県政史上初のダブル選挙となる。

◆山口氏届け出せず

 立候補表明していた山口節生氏は届け出なかった。


  • LINEで送る