ちばの選挙

熊谷市長、辞職は「3月3日」 告示前日へ後ろ倒し コロナ対策「ぎりぎりまで責任果たす」【’21知事選】

辞職時期の後ろ倒しを表明する熊谷市長=8日、千葉市役所
辞職時期の後ろ倒しを表明する熊谷市長=8日、千葉市役所

 知事選出馬を表明している千葉市の熊谷俊人市長(42)は8日、自らの市長辞職の時期について知事選告示日前日の3月3日とする意向を明らかにした。緊急事態宣言の再発令などを受け、新型コロナウイルス対策で「ぎりぎりまで市長としての責任を果たすことが、私に求められている役割」と述べた。

 市選管によると、3日付で市長辞職をした場合でも事前に辞職の届け出が市選管に通知されていれば、知事選と同日に市長選を行うことができるという。

 熊谷市長は新型コロナ対策本部会議の後、報道陣の取材に応じた。当初、1月末としてきた自らの辞職時期に関して「緊急事態宣言の延長も覚悟している。3月3日まで市長の執務に当たる」と言及。「政治活動に一定の制限がかかり、個人的には苦しい。しかし、市長の責務がある」と語った。


  • LINEで送る