ちばの選挙

新人3氏が舌戦 市議選は10人超の42人 市原市長選告示

 任期満了に伴う市原市長選が31日告示され、いずれも無所属の新人で、元東京電力五井火力発電所長の大西英樹氏(60)=自民、公明推薦=、学校法人理事長の石井一男氏(69)、元市議の小出譲治氏(54)が順に立候補を届け出た。3氏は市内各地を奔走し、財政健全化や人口減少対策などの市の課題をめぐって舌戦を展開。同日告示の市議選も定数32に10人超の42人が立候補し、7日間にわたる熱戦の火ぶたが切られた。投票はいずれも7日で、即日開票される。

 市長選は現職の佐久間隆義市長(68)=3期=が4選不出馬を表明し、12年ぶりに市のリーダーが変わる注目の戦いとなった。

 大西氏は市役所市民広場で出陣式。発電所長時代に東日本大震災などで培った“現場力”をアピールした上で「頑張って勝利を手にし、皆さまのために働きたい。一人一人の力を私にください」と気勢を上げた。来賓の高市早苗総務相をはじめ支援に回る国会議員や県議、市議候補らとの連携も確認した。

 石井氏は同市八幡の事務所前で第一声。市内にも波紋が広がる指定廃棄物の処分場問題をめぐって「子どもや孫のほか、先祖代々が築き上げてきた大きな財産を売り飛ばしていいのか」と建設反対の姿勢を明確に打ち出し、集まった支持者を前に「自分の人生を賭けて市民の命を守る戦いをしたい」と決意表明した。

 小出氏は同市五井の五井駅前で、佐久間市長ら多くの関係者を招いて出陣式。市の課題に取り組んだ市議3期の経験と実績を訴え、「佐久間市政を背負いながら活力のある市原市を取り戻したい」と強調。指定廃棄物の処分場問題については「市民に不安な生活はさせない」と述べ、未来を守る確かな市政を約束した。

 同時に行われる市議選は定数32に対し、10人超の42人(現職20、元職4、新人18)が立候補する激戦に。党派別では無所属が最多の26人で、公明6人、自民5人、共産2人、市民ネット2人、社民1人と続く。

 投票は7日午前7時~午後8時に市内95カ所で行われ、午後9時半ごろから同市能満のゼットエー武道場で即日開票。前回が市長選が午後11時55分ごろ、市議選は翌日午前1時15分ごろ大勢が判明した。

 期日前投票は1~6日の午前8時半~午後8時、市内7カ所で。30日現在の選挙人名簿登録者数は22万9239人(男11万8372人、女11万867人)。

◆市原市長選立候補者(上から届け出順)

 大西英樹(60) 無新 自民、公明推薦

 会社役員。元東京電力五井火力発電所長、NEDO主査。慶応大卒。市原市出身。五井。

 ◇公約 世界最新鋭の火力発電プラントなどの臨海部への誘致▽国、県との密接な協力による圏央道の早期全線開通▽南部の物流拠点化▽高齢者福祉の充実▽子育て・教育環境の整備▽石油化学コンビナートをはじめとした防災・減災対策強化

 石井一男(69) 無新

 学校法人理事長。元市議(4期)、会社員。駒沢大卒。市原市出身。八幡。

 ◇公約 京葉工業地帯の再整備▽代替エネルギー基地誘致などによる丘陵地帯の活用▽各種インフラ整備の推進▽国際化に対応する教育現場づくり▽中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックスの中止▽「日本一の防犯都市」に向けた体制強化

 小出譲治(54) 無新

 会社役員、県タクシー協会副会長。元市議(3期)。東海大短期大学部卒。市原市出身。青柳。

 ◇公約 JR3駅など各地域拠点の輝き倍増策推進▽救命救急センターの設置▽生活困窮者への自立支援▽平成通りなどの道路の早期整備▽想定外の自然災害への危機管理強化▽子育て支援の総合的推進▽市役所の全事務事業の見直しと効率化


  • LINEで送る