ちばの選挙

1、4区を死守 「統一選につながる」 民主党千葉県連 【ちば衆院選】

  • LINEで送る

 千葉市中央区の民主党千葉県連では、県連幹部らが深夜までテレビの開票速報に見入った。

 自民党候補の当選確実が次々と報じられる中、4区の野田佳彦前首相に続いて、1区の田嶋要氏の小選挙区勝利が伝わると、厳しい雰囲気の中にも安堵の表情が広がった。田中信行幹事長は「県都1区の決戦は今回の選挙の天王山。死守できたのは大きな成果」と胸をなで下ろした。

 小西洋之選対委員長も「1区と4区をしっかり守ることができたことで来年の統一地方選につなげることができる」と評価。ただ、他党との候補者調整には「効果があったかと問われれば失敗だった」と本音を漏らした。