市内初、2028年オリンピック競技「フラッグフットボール」の学校体育授業支援を実施しました

  • LINEで送る

袖ケ浦市
 千葉県 袖ケ浦市では、2028年に開催されるロサンゼルスオリンピックで追加種目として正式決定した「フラッグフットボール」について、社会人アメリカンフットボールチーム「ZERO FIGHTERS」を講師として招き、小学校体育授業の支援を市内2校で実施しました。
 今回の取り組みは、スポーツを通じて地域振興・地域貢献に取り組み、青少年の健全な育成、市民の健康増進・豊かな社会生活を実現することを目的に、2023年5月3日に締結した「ホームタウンパートナーシップ協定」の一環として実施したもので、市内で初めての取り組みです。

 
 

授業概要

・開催概要 : 社会人アメリカンフットボールチーム「ZERO FIGHTERS」による
        「フラッグフットボール」の体育授業支援
・日程・場所: 2023年11月14日(火) 袖ケ浦市立長浦小学校グラウンド
        2023年11月28日(火) 袖ケ浦市立奈良輪小学校グラウンド
・参加人数 : 児童205名(長浦小学校6年生 65名、奈良輪小学校4年生 140名)
・協力団体 : ZERO FIGHTERS、長浦小学校、奈良輪小学校

授業内容

 
小学生用ボール、フラッグを使用し、フラッグフットボールの授業を開催しました。
講師から、フラッグフットボールの基本的なルールを学んだ児童たちは、「どうしたら点が取れるか、上手くブロックできるか」をチームで考え、実際のプレイに反映させていました。
作戦が成功すると、大盛り上がりでとても楽しんで、フラッグフットボールに取り組めました。

フラッグフットボール

 フラッグフットボールはアメリカンフットボールが起源になって生まれたスポーツです。 日本には1990年代後半から本格的に伝わりました。 アメリカンフットボールの戦略性をそのままに少人数/少スペースで 安全に楽しむことができるように開発されたスポーツです。 本場アメリカでは教育、レクリエーション、競技まで、幅広く親しまれています。
 チームの作戦を成功させるために、子どもたちが夢中になって「話し合い」と「作戦づくり」を行います。 フラッグフットボールをプレーすることで、子どもたちの体力だけでなく、考える力やコミュニケーション力も同時に育てることができます。
 2020年度より本格実施された新学習指導要領の本編に掲載。 「思考判断力」、「コミュニケーション力」そして「体力」。この3つを同時に育むことができると評価され、既に全国3割以上の小学校で実施されています。
※日本フラッグフットボール協会オフィシャルサイトより引用 https://japanflag.org/

社会人アメリカンフットボールチーム「ZERO FIGHTERS」

 
 「ZERO FIGHTERS」は、日本社会人アメリカンフットボール協会(Xリーグ)に所属し、千葉県袖ケ浦市、千葉市をホームタウンとして活動するアメリカンフットボールチームです。アサヒビールシルバースターで活躍していた伊是名 隼人さんにより、2014年12月に創設され、現在はX2リーグに在籍しています。
 袖ケ浦市とは、2023年5月3日にホームタウンパートナーシップ協定を締結し、本授業支援の他にも、地域イベントへの出演や協力、市内で主催試合の開催など、様々な取り組みを行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供 


千葉県内プレスリリース