ショークラブ、9千万円脱税容疑 国税局が告発 

 店の売り上げを申告しないなどの手口で法人税約9100万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反容疑で、東京・六本木で人気のショークラブを運営する2社=いずれも東京都港区=と、うち1社の代表を務める内藤良太氏(43)を東京地検に告発したことが22日、分かった。

 クラブはダンスショーなどを披露する「バーレスクTOKYO」と「ドラゴン東京」。ホームページによると、バーレスクは雑誌やテレビ番組などに何度も紹介されているという。


  • LINEで送る