無観客、静かな開幕 一宮サーフィン初日 双眼鏡で”観戦”も 大原選手好発進「メダルチャンスある」【2020東京五輪】

 一宮町の釣ケ崎海岸で25日、東京五輪のサーフィン競技が始まった。会場は無観客のため、入り口と海岸の両側には仕切りが設けられ厳重に警備。ネット中継を見ながら双眼鏡で“観戦”する人の姿もあったが、混乱はな ・・・

【残り 806文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る