強豪校でもまれ大ブレーク 箱根駅伝優勝の駒大アンカー・石川拓慎(21) 【Chiba Sports ファイター】(129)

 1月の第97回東京箱根間往復大学駅伝で駒大のアンカーを務め、3分以上の差をひっくり返して13年ぶりの総合優勝に導いた。大会翌日の新聞各紙には自身が優勝テープを切るゴール写真と共に、歴史に残る大逆転優勝が大々的に報じられた。それまでは全くの無名だったが、一躍ブレーク。強豪校でもまれ、3年目で頭角を現した。

   ◇   ◇   

 たすきを受けた時点で1位創価大との差は3分19秒。 ・・・

【残り 1701文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る