ドラフト4球団競合 早川隆久投手楽天1位 横芝光町、木更津総合高出身

楽天から1位指名を受け、記者会見後にポーズをとる早稲田大の早川隆久投手=26日夜、東京都西東京市
楽天から1位指名を受け、記者会見後にポーズをとる早稲田大の早川隆久投手=26日夜、東京都西東京市
楽天から1位指名を受け、記者会見する早稲田大の早川隆久投手=26日夜、東京都西東京市
楽天から1位指名を受け、記者会見する早稲田大の早川隆久投手=26日夜、東京都西東京市

 プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)は26日、東京都内のホテルで行われ、最速155キロの左腕で早稲田大の早川隆久投手=横芝光町出身、木更津総合高出=は4球団が1位指名で競合し、抽選で楽天が交渉権を獲得した。千葉県出身者の1位指名は藤平尚真投手=富津市出身=以来4年ぶり、県内高校出身者としては山下斐紹捕手=習志野高出=以来10年ぶりとなる。

 千葉ロッテは早川投手の抽選に外れたが、1位で法政大の鈴木昭汰投手など支配下5人と育成4人を指名。慶大の木澤尚文投手=船橋市出身=はヤクルト1位、JFE東日本の今川優馬外野手は日本ハムが6位で交渉権を得た。

 JR東日本の伊藤将司投手=横芝光町出身、国際武道大出=は阪神2位で選ばれ、横芝光町出身者の指名は早川投手と合わせて2人となった。同町出身者で指名を受けるのは、統合前の横芝町出身の押尾健一投手以来31年ぶり。

 他に指名された千葉県関係者は次の通り。

 ▽巨人5位 秋広優人内野手=東京・二松学舎大付高、船橋市出身▽ロッテ5位 西川僚祐外野手=神奈川・東海大相模高、船橋市出身▽広島5位 行木俊投手=徳島インディゴソックス、横芝敬愛高出▽ロッテ育成2位 小沼健太投手=茨城アストロプラネッツ、東総工高出▽日本ハム育成2位 斉藤伸治投手=東京情報大、習志野高出▽ソフトバンク育成8位 中村亮太投手=東農大北海道オホーツク、千葉経大付高出

◆町全体でお祝い

 横芝光町・佐藤晴彦町長の話 町の合併10周年記念で特別表彰したことなどを思い出す。活躍をずっと注目してきた選手。町全体でお祝いしたい。

◆大きく育って

 木更津総合高・五島卓道監督の話 教え子で1位競合は初めて。プロの世界は厳しいが、ローテーションをしっかり守れる投手になれるよう、これからも大きく育ってほしい。


  • LINEで送る