2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

専松、市千葉との延長制す 秋季千葉県高校野球<第2日>

市千葉―専大松戸 10回表専大松戸2死二塁、大森の適時打で二走奥田が勝ち越しの生還。捕手宗=県総合SC
市千葉―専大松戸 10回表専大松戸2死二塁、大森の適時打で二走奥田が勝ち越しの生還。捕手宗=県総合SC

 第73回秋季県高校野球大会第2日は20日、県総合スポーツセンター野球場などで1回戦16試合を行い、夏の独自大会準優勝の専大松戸は市千葉を延長十回の末1―0で下した。エースの深沢が完封した。日大習志野は検見川に7―6で逆転サヨナラ勝ち。千葉学芸は4―3で東海大市原望洋に逃げ切り勝ちした。

 成田は一時6点差を追い付かれたが、船橋芝山を8―6で振り切った。千葉商は東総工に5―3で勝利。安房は茂原樟陽に2―1で逆転勝ちした。市船橋、日体大柏はコールド勝ちで初戦を突破した。

 第3日は21日、同球場などで2回戦16試合を行い、16強が出そろう。

9月20日(第2日)の試合結果一覧


  • LINEで送る