勢い見せた市船ナイン 親子鷹の桜内は父に感謝 2020千葉高校野球<第11日>

 怒濤(どとう)の勢いで勝ち上がってきた市船橋の夏が幕を閉じた。桜内俊太主将は「優勝だけを目指してきた。準決勝で終わるのは悔しい」と無念の思いを口にした。

 これまで通り先制点を奪う理想の展開だったが六 ・・・

【残り 343文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る