第7日(7月18日)の高校野球記事一覧 <第101回千葉大会>

  • LINEで送る

東海大市原望洋―拓大紅陵 7回裏望洋1死一、二塁、伊達が中越え適時打を放ち勝ち越す=ZOZOマリン
東海大市原望洋―拓大紅陵 7回裏望洋1死一、二塁、伊達が中越え適時打を放ち勝ち越す=ZOZOマリン

⇒第101回全国高校野球 千葉大会 第7日

⇒習志野、成田など勝つ

⇒望洋逆転紅陵下す

⇒2番高野、場外含む2本塁打 市川昴

⇒自己最速150キロ 習志野・飯塚

⇒昭和の名物球場夏に“幕” 市川国府台

⇒望洋紅陵に打ち勝つ 振って活路好機で強さ

⇒船橋東終盤粘り発揮 実った「走り込み合宿」

⇒息詰まる投手戦同学年右腕意識 千葉英和・多賀

⇒挑戦者でぶつかり一矢報いる2安打 千葉工・佐瀬

⇒投手転向の西本6回を被安打1 市船橋

⇒学館対決浦安に軍配 11回サヨナラ熱戦に終止符

⇒最後は晴れやか「悔いはない」 長狭・海老子川

⇒故障乗り越え走者一掃打 検見川・市原

⇒テンポ良く2安打完封 暁星国際 宿谷、三塁踏ませず

⇒エース奮闘もコールドで涙 明聖・上島颯

⇒4校連合敗退も「楽しくやれた」