V市原が王座奪還 B浦安に競り勝つ サッカー 千葉県選手権決勝

  • 0
  • LINEで送る

B浦安―V市原 後半41分、V市原のレナチーニョが勝ち越しゴールを決める=フクアリ

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権の千葉県代表を決める第23回県サッカー選手権(県サッカー協会主催、千葉日報社など共催)の決勝が13日、フクダ電子アリーナで行われ、VONDS市原が2-1でブリオベッカ浦安を破り、2年ぶり2度目の優勝と天皇杯の出場を決めた。

 0-0で突入した後半に、秋葉信秀のミドルシュートで先制。直後に同点とされるが、試合終了間際にレナチーニョが勝ち越しゴールを決めた。

 V市原は27日に天皇杯1回戦を迎え、秋田市八橋運動公園陸上競技場でJ3秋田と対戦する。勝者が6月6日の2回戦でJ1柏と顔を合わせる。

 ▽決勝

VOND 2 0-0 1 ブリオベ
S市原    2-1   ッカ浦安
▽得点者【V】秋葉、レナチーニョ【ブ】村岡

 【評】VONDS市原は1-1の後半41分にレナチーニョが決勝点。藤本の縦パスに抜け出して右足で決めた。ボールを支配し短いパスでつなぎ好機をつくり続けた。ブリオベッカ浦安は村岡が混戦から一時同点弾を放つも、終盤に力尽きた。