県営住宅の外国人が増加 千葉市美浜区は1割超

 2月千葉県議会は5日から予算委員会が始まり、12議員が総括質疑を行った。県は、県営住宅の外国人世帯数が2010年度末時点で全体の3・5%にあたる638世帯に上ったことを明らかにした。特に千葉市美浜区では、外国人世帯の割合が13・1%と高くなっている。自民党の臼井正一議員(同区)の質問に答えた。

 県都市整備局によると、県営住宅の外国人世帯数は03年度末に401世帯、08年度末に540世帯と増加傾向にある。

 外国人入居者をめぐっては、自治会活動に参加しない、夜中に大声で話をする、ゴミ出しルールを守らないなどの苦情が近隣住民から県に寄せられており、共益費の不払いなども問題になっているという。


  • LINEで送る