【学校別の志願状況一覧表あり】全日制後期志願倍率1・30倍 千葉県内公立高入試

 千葉県教委は25日、県内公立高校入試(今春入学)の後期選抜について、各校の志願者数と志願倍率を発表した。全日制は117校152学科での計1万1351人の募集に対し、1万4743人が願書を提出。志願倍率は1・30倍(前年比0・06ポイント減)となった。26日から27日正午に1回に限って志願変更を受け付ける。

 県教委によると、全日制で最も倍率が高いのは松戸国際・国際教養科の3・29倍で、唯一3倍超え。次いで東葛飾・普通科の2・58倍、市立千葉・理数科の2・50倍。県立船橋・普通科2・41倍、市立習志野・商業科2・25倍が続いた。

 2倍以上は10校10学科で、前年比4校6学科減。一方、1倍未満は40校60学科に上っている。

 定時制は、17校17学科での計713人の募集に対し、志願者は295人で、倍率は0・41倍。前年と比べ、0・01ポイント上昇した。

 27日の志願変更締め切り後に県教委は各校の確定志願者数と倍率を公表する。

 後期試験は3月2日で、3月6日に合格発表。

(一覧表は下の画像をクリックすると閲覧できます)


  • LINEで送る