激甚災害指定へ調査 千葉県内停電なお7万軒超 【台風15号1週間】

 台風15号による千葉県内の広域停電は、発生から1週間となった16日の午後7時時点でも約7万3600軒(30市区町)で続いた。断水は午後2時時点で約1万4500戸(6市町)。県内では午後にかけて強い雨が降り、館山市内では全域で一時避難勧告が出されたほか、台風で損壊した家屋で雨漏りが相次いだ。視察した武田良太防災担当相は、被災地支援のため「激甚災害指定」に向けた調査を急いでいることを明らかにした。

 県内では15日夜から16日午後にかけて断続的に雨が降り続き、地域によっては一時土砂降りに。特に雨の強かった房総半島南部では、館山市で全域に、隣接する南房総市でも一部世帯に一時避難勧告が出された。

 鋸南町などを視察した武田氏は「調査結果を集約し、指定するかどうか検討を進めている」と記者団に述べた。激甚災害は道路などの被害額が一定基準を超える場合に指定され、自治体の復旧事業に対する国庫補助率が引き上げられる。

 また、小泉進次郎環境相は南房総市で災害廃棄物の仮置き場などを視察。ごみ収集車の増加や、ごみの広域処理に向けた調整を進める考えを示した。

 一方、電気が復旧した地域では漏電などによる「通電火災」が起きる恐れがあり、東京電力や消防が注意を呼び掛けた。

 県の16日午後のまとめでは家屋被害は全壊3棟、半壊5棟、一部損壊約2800棟。


  • LINEで送る