交通担当部長を新設 地域公共交通問題に対応 JR京葉線ダイヤ改正問題やライドシェアなど 千葉県組織改編

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県は31日、2024年度の組織改編を発表した。鉄道や路線バスなど地域公共交通に関する問題が相次いでいることを受け、総合企画部に「交通担当部長」を、交通計画課に「地域公共交通担当課長」をそれぞれ新設する。

 同部長はJR京葉線の快速縮小やライドシェアなど公共交通問題の総合調整を担当。同課長は路線バスやタクシーなどの問題を扱い、JRなどを所管する交通計画課長と連携して地域公共交通の確保に当たる。

 熊谷俊人知事は同日の記者会見で「公共交通の担い手確保は市町村も含 ・・・

【残り 529文字】



  • LINEで送る