ひき逃げ疑い男逮捕 浦安 バイクの男性死亡で

写真はイメージです
写真はイメージです

 浦安市の国道357号でバイクの男性が死亡したひき逃げ事件で、浦安署は25日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで八千代市八千代台東4、トラック運転手の鈴木勝久容疑者(60)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は24日午前6時5分ごろ、浦安市富岡の国道357号でトラックを運転し、会社員、根本光士さん(22)=市川市柏井町=のバイクに幅寄せして転倒させた上、並走していたダンプカーに根本さんをひかせて死亡させ、逃げた疑い。バイクはトラックとダンプカーの間をすり抜けようとしたとみられる。

 同署によると、目撃者の証言やドライブレコーダーの映像などから浮上。容疑者は仕事中だったとみられる。ダンプカーの70代の運転手男性からも任意で事情を聴いている。


  • LINEで送る