柏・大堀川で1マイクロシーベルト超 県、立ち入り禁止に

 柏市の大堀川の底質から高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、県は18日、同市呼塚新田の同川沿岸の空間放射線量を測定した結果、左岸下流の一部で毎時1マイクロシーベルト以上だったと発表した。県は周辺を立ち入り禁止にした。

 県河川環境課によると、柏市の市民団体が今月8日に同川沿岸部を測定したところ1マイクロシーベルト超だったと柏市を通じて連絡があった。


  • LINEで送る