【速報】猫殺傷 被告に懲役1年6月、執行猶予3年 千葉地裁判決 「強固な犯意あり計画的」

千葉地裁
千葉地裁

 八千代市などで猫を空気銃で撃って殺傷したとして、銃刀法違反と動物愛護法違反の罪に問われた千葉市若葉区の倉庫作業員、平田雄一郎被告(49)の判決公判が8日、千葉地裁であり、岡部豪裁判長は「強固な犯意に基づく計画的な犯行」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

 岡部裁判長は「弱い者いじめをして高揚感を得るため、あらかじめ猫がいる場所を調べて赴き、虐げる行為を繰り返していた。動機に酌量の余地はない」と指摘。今年1月までの約2年半の間に80~100回程度、空気銃で猫を撃っていた点を踏まえ、「常習的犯行の一環」とも述べた。

 一方で、「自らの卑劣さ、残酷さを反省しており、再び銃を持つつもりはない」と執行猶予の理由を説明した。

 判決によると、2018年11月から昨年12月までの間、八千代市勝田台の駐車場付近や千葉市中央区の千葉ポートパークなど計5カ所で猫6匹を空気銃で撃ち、2匹を殺し4匹に大腿(だいたい)骨粉砕骨折などのけがを負わせた。


  • LINEで送る