JFEケミカル工場、機械から白煙 千葉市中央区 有毒ガス発生はなし

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 千葉市中央区の「JFEケミカル東日本製造所千葉工場生浜分工場」で22日午後10時10分ごろ、製造設備の一部から白煙が発生した。点検中の社員が発見。ホースで散水を行うなどして煙は数分後に収まり、市消防局が約4時間後に鎮火を確認した。同社によると煙は少量で、有毒ガスの発生や環境への影響はないとしている。

 煙が発生したのは、ガス状の「フタル酸」を冷却して個体にする工程で使われる機械の一部。同社で詳しい原因を調べている。


  • LINEで送る