陸自ヘリにレーザー照射 契約社員に罰金30万円 千葉市上空で

(写真はイメージです)
(写真はイメージです)

 千葉市上空で夜間飛行訓練中だった陸上自衛隊木更津駐屯地所属の特別輸送ヘリコプターが地上からレーザー照射を受けた事件で、千葉区検は27日、威力業務妨害の罪で千葉市若葉区の契約社員の男性(49)を略式起訴した。千葉簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、6月8日午後8時45分ごろ、同市上空で飛行訓練中のヘリコプターに自宅ベランダからレーザーポインターで光線を照射し、業務を妨害したとされる。


  • LINEで送る