柏市が軽症者ホテル借り上げ 15日から受け入れ開始 170室使用 千葉県内7カ所目

柏市役所
柏市役所

 柏市は8日、新型コロナウイルス感染の第5波を受け、軽症や無症状者用の宿泊療養施設として「ホテルルートイン柏南」(同市大島田1)を借り上げ、15日から受け入れを始めると発表した。同施設は県内7カ所目。

 市によると、8月上旬に県から追加設置の要請があった。同ホテルを9月1日から全館借り上げ、一部を除く170室を使用予定。11月末までの想定だが、感染状況により延長の可能性があるという。

 受け入れた利用者に対し看護師が健康観察するほか、医師が電話などで対応する。市医師会に医師の配置を依頼した。食事や生活用品の提供など生活面の支援は、施設運営を受託した事業者が行う。

 市は感染初期の昨年4、5月、別のホテルを宿泊療養施設として借り上げ軽症や無症状者を受け入れた。今回は2回目。

 県内で確認された感染者数(7日現在)のうち、ホテル療養者は380人、自宅療養者は9177人、入院・ホテル療養調整中は693人。


  • LINEで送る