【新型コロナ詳報】千葉県内121人感染、3人死亡 変異株は過去最多87人

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で27日、新型コロナウイルス患者3人の死亡と10歳未満から90代以上の121人の感染が判明した。3人のうち1人は県内で24人目となる変異株に感染した死者。新規の変異株感染者は過去最多となる87人が確認された。県内の変異株感染者は1416人に増えた。

 県疾病対策課によると、変異株に感染したのは10歳未満から90代以上の男女87人。内訳は10代と20代の14人、40代13人、30代12人、50代10人など。14人は家庭内での感染とみられる。

 県は60代と80代の男女2人が25日に死亡したと発表した。80代男性は入院中の5月中旬に発症し、同月下旬には変異株感染が判明。酸素投与などの治療を受けていた。循環器など複数の疾患があった。

 60代女性は発症後に入院しICU(集中治療室)で酸素投与など治療を受けていた。いずれも死因は新型コロナ感染症。千葉市では入院患者だった90代女性が死亡した。基礎疾患があったという。

 県は78人の感染を発表。70代男性の症状が重く人工呼吸器を着けている。船橋市は21人、千葉市は12人、柏市は10人の感染を発表した。

 27日に県内で感染が確認された人の居住地は船橋市21人▽市川市14人▽千葉市13人▽柏市12人▽松戸市9人▽習志野市6人▽野田市5人▽八千代市、我孫子市、四街道市、八街市が各3人▽市原市、鎌ケ谷市、木更津市、富里市、君津市、富津市、多古町、長生村が各2人▽浦安市、流山市、佐倉市、香取市、銚子市、酒々井町、いすみ市、勝浦市が各1人▽県外1人、国外4人だった。


  • LINEで送る