「マスク拒否男」、威力業務妨害と傷害容疑で再逮捕 館山署

 マスクなしの入店を飲食店に拒否されトラブルとなり、駆けつけた警察官を殴ったとされる事件で、館山署は6日、同店の営業を妨害したなどとして、威力業務妨害と傷害の疑いで、茨城県取手市井野団地1の無職、奥野淳也容疑者(34)=公務執行妨害罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月10日午前11時45分から同50分ごろの間、館山市内の飲食店で従業員から「マスクをして」と言われたことに憤慨。「マスクはしません」などと怒鳴り、従業員を転倒させるなどして業務を妨害した疑い。

 トラブルを止めに入った会社員男性(64)らに対し、顔を殴るなどの暴行を加え軽傷を負わせた疑いも持たれている。

 同署によると、容疑者は「何も言うことはありません」と容疑を否認している。

 容疑者は駆けつけた警察官に対する公務執行妨害罪で4月、千葉地検に起訴されていた。1月にはピーチ・アビエーション機内でマスク着用を拒否して運行を妨げたとして、威力業務妨害罪などで大阪地検に起訴され、その後釈放されていた。


  • LINEで送る