【新型コロナ詳報】千葉県内148人感染、1人死亡 船橋・不動産管理会社でクラスター

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 千葉県内で3日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と148人の感染が新たに判明した。累計感染者は3万3634人。月曜日に発表された感染者数としては、2度目の緊急事態宣言解除後で最多。船橋市の不動産管理会社で新たなクラスター(感染者集団)が確認された。

 県は感染者として発表済みの10歳未満~80代男女10人の変異株陽性を確認した。50代~80代男女3人に海外渡航歴があった。変異株陽性者は累計で459人に増えた。県は他にも95人の感染を発表した。

 船橋市は不動産管理の日本ハウズイング千葉支店(同市)で3日までに20代~60代男女9人の従業員の感染を確認し、新規クラスター発生を認定した。同市は30人の感染と独自に変異株検査をした4人のうち2人の陽性判明も発表した。

 柏市は3人の感染と1人の死亡を発表した。亡くなった同市在住の70代男性は、クラスターが発生した高齢者施設「豊四季ケアセンターそよ風」(同市)の利用者。県内病院で治療を受けていたが、1日に死亡した。肺に基礎疾患があった。

 千葉市は20人の感染を発表した。

 3日に感染が確認された人の居住地は▽船橋市28人▽松戸市19人▽千葉市18人▽市川市17人▽市原市10人▽八千代市8人▽野田市6人▽八街市5人▽浦安市、流山市が各4人▽柏市、我孫子市、佐倉市、印西市、白井市が各3人▽大網白里市2人▽成田市、富里市、袖ケ浦市、茂原市、君津市、旭市、いすみ市、長生村、御宿町が各1人▽県外3人だった。


  • LINEで送る