高所作業中の男性が転落死 千葉競輪場

 12日午前9時25分ごろ、千葉市中央区弁天4の千葉競輪場内で、高所で塗装作業をしていた市川市国分1、会社員、佐藤明彦さん(50)が転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。千葉中央署は事故原因を調べている。

 同署によると、佐藤さんは1人で高さ約24メートルの多目的アリーナの足場を塗装していた際、何らかの原因で転落した。関係者が119番通報した。


  • LINEで送る