あふれる滞留者、放射線恐れる外国人 3.11の成田空港、進化した今 【#あれから私は】

 2011年3月11日、午後2時46分。日本上空にはこの日も多くの飛行機が飛んでいた。千葉県北部に位置する成田空港では、地震の影響で鉄道などの空港アクセスが寸断。約8500人の訪日客らが空港で夜を明かした。しかし闘いはこの後だった。福島原発事故による放射能漏れの影響を恐れ「一刻も早く帰りたい」と日本を脱出する在日外国人が殺到。夜中に被災地の外国人を乗せたバスが何台も連なって到着し、飛行機のチケットを手に入れるため空港に泊まり込む人は一時3800人にまで膨れ上がった。このとき浮き彫りになったのは「正しい情報発信」の重要性。震災以降も大雪や台風などの大規模災害に見舞われてきた10年間、日本の空の玄関口はどのような進化を遂げてきたのか。

(成田支局・今井慎也、デジタル編集部・山崎恵)

震災当夜の成田空港旅客ターミナル=2011年3月11日震災当夜の成田空港旅客ターミナル=2011年3月11日

巨大地震発生、その時国際空港は

 10年前のあの日、日本航空グループ「JALスカイ」の地上係員、石山絵梨さん(37)は成田空港第2ターミナルの国際線カウンターで搭乗手続きの対応に当たっていた。期待に胸を膨らませて出発していく海外旅行客と笑顔で触れ合う空港のスタッフに憧れ、航空会社を目指した。

 この日も多くの訪日客でターミナルはあふれていた。石山さんが台湾からの旅行者のパスポートを確認していたその時、大きな揺れに襲われた。カウンター頭上の案内モニターが激しく動いたのを見て、旅行者に離れるよう伝えると、パスポートや手荷物を残したまま屋外に避難する外国人もいた。ほかにも多くの人が屋外に避難する中、香港籍の車いす利用者が戸惑っていた。車いすを押して一緒に外に出て広い所に誘導したものの「そこから何をしていいのか分からなかった」。

 すると、大勢の人がターミナルと一般道を結ぶ陸橋を歩いて移動を始めた。普段は乗用車しか通行できない道路だが、多くの人が広い駐車場を目指していた。

ターミナルの外に避難する空港利用者ら=2011年3月11日(成田国際空港提供)ターミナルの外に避難する空港利用者ら=2011年3月11日(成田国際空港提供)

 石山さんら地上係員も駐車場に向かい、バス会社が開放してくれた車両に避難者を誘導する作業に当たった。シャツにベストの薄着だったことに気付き、3月の寒気が体を芯から冷やしていた。少しでも温まるよう係員同士で寄り添っていたところに、バス会社が空いている車両に招き入れてくれ、ようやく寒さをしのげた。石山さんは「お客さまを最優先は当たり前だが、自分の寒さも限界だった。バス会社の人の厚意に今でも感謝している」と振り返る。

 原発事故の影響も直撃した。中国からきた救済便での出国者を始め、日本を脱出する訪日客の対応に追われた。日本では恐ろしいことが起きていると言う外国人をたくさん見送った。「私たちはここで仕事しているのに…」という複雑な気持ちもよぎった。

 それから10年。石山さんはずっと成田空港でキャリアを重ねた。これまで経験したことのない規模の地震発生で何をすべきか分からなかった震災の経験から「いつ何が起きてもおかしくない」という意識が生まれた。社内外の訓練に取り組む真剣度が変わった。強風や台風で空港機能がまひした際も、滞留する外国人客に囲まれながら落ち着いて対応を説明できた。「震災で度胸がついた。お客さまを誘導できるのは、空港のことを知っている私たちスタッフだけ。何が正解か分からない時でも、しっかりしなくてはいけない」。

10年間、成田空港でキャリアを重ねた「JALスカイ」の石山絵梨さん10年間、成田空港でキャリアを重ねた「JALスカイ」の石山絵梨さん

風評被害を防げ 奔走した空港会社

 震災当日、空港を運営する成田国際空港株式会社(NAA)もまた、非常用の食料や水、寝袋を提供するなど航空会社と協力して旅客対応に当たった。当日は8500人が空港に滞留したが、翌日から鉄道が再開し、滞留者は12日1800人、13日600人と徐々に減少した。

 ところが3月12日、福島第1原発1号機が水素爆発。14日には1~3号機すべてで炉心溶融(メルトダウン)の可能性が懸念され、米国など世界各国が被災地や日本からの「退避勧告」を出し始めたことで空港の空気が一変した。

 「夜中に中国人を乗せたバスが何台も連なってやってきた」「一刻も早く帰りたいという殺伐とした雰囲気を感じた」―。中国大使館は被災地の中国人をバスで成田空港まで輸送し、フランスなども自国民を救出するチャーター便を飛ばした。こうした各国の対応により、減少していた夜間滞留者は再び増加。17日には滞留者がピークに達し、3800人が母国行きのチケットを手に入れようと空港で夜を明かした。

 暴動などのトラブルはなかったものの、原発事故の正確な情報が入らない不安、いつ国に帰れるのか分からない不安が外国人らを襲った。出発ロビーに設置された大使館デスクには人が殺到。航空会社の出発カウンターでは、ファーストクラスの窓口に敷く絨毯が営業時間外の夜中に引っ張り出され、無断で使う外国人も。日常業務を始める前に、窓口ではこうした外国人に立ち退いてもらうよう説得する作業に追われた。

当時、放射能被害の対応にあたったNAA上席執行役員の宮本さん=2021年2月当時、放射能被害の対応にあたったNAA上席執行役員の宮本さん=2021年2月

 「海外からみると東京、成田、福島の細かい距離感なんて分からない。『どうやら成田空港の近くで原発事故が起きた』と世界が思ってしまった」

 NAA上席執行役員の宮本秀晴さん(58)は震災当時、退避勧告による風評被害や国際線の欠航といったトラブルの対応に当たった一人だ。チェルノブイリ事故で放射性物質が遠くまで飛散したことから、東京が退避勧告の対象となった国もあった。

 「成田はただちに避難しなければならない状況にはない。正しい情報を出すことが重要だ」。宮本さんは国土交通省と連携し、空港内に放射線の測定器を設置。測定値を空港のホームページで公開したほか、世界の航空会社で構成される国際航空運送協会(IATA)にも毎日英語でメールを送り続けた。世界中の航空会社に「成田空港の利用は安全だ」と発信してもらうためだった。

 空港の機能を維持するためにNAAが行った仕事は多岐にわたった。空港一帯がガソリン不足に陥ると「空港の作業車両の給油を優先してもらえないか」と石油供給元やガソリンスタンドに頭を下げた。東京電力の計画停電の際には「空港までは電車を走らせてほしい」と鉄道会社に頼み込み、東京電力にも空港の停電を回避してもらえるよう訴えた。結果、計画停電初日の14日、15日は鉄道の大半が運休したが、16日からはほぼ通常ダイヤに回復。空港が計画停電の対象となることはなかった。

 「空港が停電すれば、風評ではなく『やっぱり日本は大変なんだ。脱出しないといけない』と思わせてしまう。空港は常にインフラとして機能させなければいけなかった」。宮本さんは当時のNAAの奔走をそう振り返る。4月には国連機関などが成田空港の「安全」を宣言。IATAからも、制限区域を除き日本への渡航を制限する必要はないと発信された。ようやく通常のフライトへの第一歩が踏み出せた。

震災から10年を振り返り「常に対応力を高めていきたい」と語るNAAの社員ら震災から10年を振り返り「常に対応力を高めていきたい」と語るNAAの社員ら

空港が「旗振り役」に

 NAAはこれらの経験を踏まえ、当時導入を計画していた大型のデジタルサイネージ(電子看板)を緊急時の情報発信ツールとしても使えるよう整備。災害時には4カ国語で旅客に最新情報を伝えられるようにした。その後も14年の記録的大雪や19年の房総半島台風など過去に経験のない大災害に見舞われる度に、SNSでの情報発信、空港HPでのアクセス情報掲載など「足りなかった」とされる情報提供の場を増やしてきた。鉄道やバスなどの空港アクセスが機能しない場合には着陸制限を実施し、滞留者を抑制する体制も整えた。

 「この10年で、空港会社の担う役割はとても大きくなった」と宮本さんは強調する。従来はNAAが施設の建設を担い、航空会社が中心となって旅客の応対を担ってきた。しかし震災や台風時に重要となる「空港アクセスとの連携まで航空会社が対応できるかといえばそうではない」。また、震災後の航空需要低迷に加え、羽田空港の国際化という“難局”の打開策ともなったLCC(格安航空会社)の参入により「個々の航空会社任せでなく、空港会社が主体となって空港全体のサービスレベルを上げる」という流れが一層加速した。

 コロナ禍で人との接触機会を減らすことにもなる顔認証対応自動チェックイン機の設置や、自動手荷物預け機など、NAAが進めるセルフサービス型の搭乗手続きの拡充もその一つだ。

成田空港に登場した自動手荷物預け機。全日空、日航など複数の航空会社が使用する=2019年8月成田空港に登場した自動手荷物預け機。全日空、日航など複数の航空会社が使用する=2019年8月

 「コロナ禍で航空業界が大きく落ち込む中、どうやって国際線を再開していくか、空港も航空会社も一緒になって考えなくてはいけない。全体をコーディネートするのが空港の役割です」。

 コロナ禍を乗り越えた先には、第3滑走路をはじめとする空港の機能強化、環境への配慮の両立という大きなミッションも待っている。「まさに空港会社だけでは対応できない問題。環境への対応は間違いなくこれから大きなテーマになると思います」。

 子どもの頃から飛行機が好きで、航空業界に憧れた。パイロットの夢はかなわなかったが「空港も、世界の結びつきを支える航空の一員」という誇りが宮本さんのモチベーションとなっている。再び世界の空がつながる日を願い、これからも「旗振り役」として知恵を絞っていく。

再び世界の空が繋がる日を願い、成田空港は進化を続ける再び世界の空が繋がる日を願い、成田空港は進化を続ける

※この記事は、千葉日報とYahoo!ニュースによる連携企画記事です。東日本大震災後の千葉の「あれから」について、全4回の連載で伝えます。


  • LINEで送る