貨物輸送に希望も 感染拡大でかつてない苦境 成田空港 【回顧2020年取材メモから】

渡航制限による大幅な減便により、かつては人であふれた国際線ロビーから人が消えた=6月、成田空港第1ターミナル南ウイング
渡航制限による大幅な減便により、かつては人であふれた国際線ロビーから人が消えた=6月、成田空港第1ターミナル南ウイング

 「私事ですが、一身上の都合により11月末をもって退職をいたします」

 航空会社の広報担当者からメールが届いた。明るく優秀な彼は「以前からやりたかった別の業界で頑張ります」と爽やかに成田空港から去って行った。人気の航空業界の狭き門を突破した彼の転身は、新型コロナウイルスの影響は無関係ではないだろう。

 航空業界は、かつてない危機に直面している。航空大手のANAホールディングスは今期5100億円の最終赤字、日本航空はグループ全体で2700億円の赤字となる見通しを示した。航空需要の長期低迷が見込まれる中、人件費削減などの止血策や資金調達を急いでいる。

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)も ・・・

【残り 734文字】



  • LINEで送る