【新型コロナ】変異株、千葉県内で初確認 50代男性 感染経路は不明

 千葉県は3日、県内に住む50代男性が英国で報告された新型コロナウイルスの変異株に感染していたと発表した。変異株の感染確認は県内初。県によると、男性に海外滞在歴はなく、感染経路は不明。変異株は感染力が強いとされる。

 男性は2月中旬にせきと体のだるさが出て、検査で新型コロナ感染が判明。国立感染症研究所で検体を検査したところ変異株と分かった。男性はすでに症状がなく、陰性を確認し退院。県は「変異株が広がった時の対応を考えるステージに入った」として改めて感染防止対策の徹底を求めた。


  • LINEで送る