【新型コロナ詳報】千葉県内13人死亡、130人感染 病院とホストクラブでクラスター

 千葉県内で17日、新型コロナウイルスに感染した男女13人の死亡と、10歳未満から90代以上の男女130人の感染が判明した。病院やホストクラブでクラスター(感染者集団)が確認された。県内の死者は373人、累計感染者は2万4995人に増えた。

 県は10人の死亡と83人の感染を発表。年代を公表した死者は男性3人で40代、80代、90代以上だった。浦安市の「東京ベイ・浦安市川医療センター」で入院患者と職員の計8人のクラスターが発生した。

 千葉市は、市内の80代男性の死亡を発表。男性はクラスターが発生した施設の入所者で、酸素吸入を受けていた。中央区のホストクラブ「AREZ(アルエ)」で従業員7人のクラスターが発生。このほか、10代~70代の男女21人の感染も判明した。

 船橋市は、市内居住で入院中だった新型コロナ患者1人の死亡と、19人の新規感染を発表した。感染経路不明は9人。8人は家庭内、2人は通勤・通学先での感染とみられる。

 柏市は、1人の死亡と市内居住の3人の感染を発表。死亡したのは県内医療機関に入院していた80代女性。持病はなかった。

 17日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市22人▽船橋市20人▽松戸市14人▽市川市11人▽流山市9人▽我孫子市7人▽佐倉市6人▽柏市5人▽浦安市と四街道市が各4人▽習志野市、鎌ケ谷市、東金市が各3人▽野田市、成田市、八街市、袖ケ浦市、香取市が各2人▽市原市、木更津市、印西市、君津市、匝瑳市、栄町が各1人▽県外2人▽海外1人だった。


  • LINEで送る