甲子園V元球児に懲役5年 地裁「計画的犯行で悪質」 八街強盗致傷

千葉地裁
千葉地裁

 2019年4月に八街市内の住宅に強盗目的で押し入り夫婦にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた20代男4人の裁判員裁判の判決公判が4日、千葉地裁で開かれた。坂田威一郎裁判長は、4人のうち17年に夏の甲子園で優勝した埼玉・花咲徳栄高の元主将、千丸剛被告(21)=東京都町田市=に対し、「役割分担を決めていた計画的犯行で悪質」として懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。

 判決理由で坂田裁判長は、無防備な被害者の男性をバールで殴打しナイフを持って住宅に押し入るなど、命に関わる危険な行為に及んだとして「暴行の態様は悪質」と非難した。

 千丸被告の弁護側は「友人の誘いを受け事情を知らず犯行に加わった」と主張していたが、坂田裁判長は「犯罪を疑いながらも自らの意思で参加を決めた。報酬目的もあった」と判示。無罪を主張していた強盗直前のナンバープレート窃盗も「明確に反対せず黙示的に意思を通じた。実行時は共謀が成立した」と認定した。

 また、千丸被告について「自己の関与を過小に捉える姿勢が見受けられ、反省が十分に深まっているとは言いがたい」と指摘。高校時代の恩師らが社会復帰後の指導監督を約束しているが、「執行猶予を付すべきではない」と述べた。

 強盗を実行する仲間を集めるなど、主導的な役割を果たしたと認めた吉添勇人被告(23)=神奈川県大和市=に懲役8年6月(求刑懲役11年)、他の2被告についてはそれぞれ懲役5年6月(同7年)と懲役6年(同)を言い渡した。

 判決によると、4人は仲間と共謀し19年4月26日午後9時すぎ、当時50代の夫婦が住む八街市の住宅に強盗目的で押し入り、夫の頭をバールで1回殴り、妻の顔に粘着テープを巻き付けるなどの暴行を加え、2人にけがを負わせるなどした。


  • LINEで送る