野田小4虐待死24日で2年 市長「事件風化させない」 「防止デー」代替行事検討 

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が親から虐待され死亡した事件は24日、発生から2年を迎える。心愛さんが通っていた小学校では23日、土曜授業に合わせ、児童や教員が黙とうし昇降口に献花する予定だ。

 一方、市内では命日に合わせた行事は行われない。市は「市民の賛同が事件を風化させないことに必要不可欠。儀式を毎年行うことが逆に風化につながる。普段の取り組みが一番重要」と説明する。
【残り 731文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る