【新型コロナ詳報】千葉県内過去最多234人感染 2人死亡 木更津、流山で新たにクラスター

千葉日報社
千葉日報社

 県内で24日、2人の死亡と10歳未満~90代以上の234人の新型コロナウイルス感染が判明した。1日の感染者数としては22日の152人を大幅に上回り、過去最多。累計感染者は9700人、死者は111人になった。木更津市東太田の清和大と流山市駒木台の八木北保育園で新たにクラスター(感染者集団)が確認された。

 県は、県内の医療機関に入院していた我孫子市居住の80代男性が22日に死亡したと発表した。死因は新型コロナによる呼吸器疾患だった。船橋市は、感染して市内の医療機関に入院していた90代男性が死亡したと発表。新型コロナによる急性呼吸器疾患が主な死因という。

 県によると、清和大では柔道部に所属する学生1人の感染が判明済みで、部員75人と指導者3人を検査した結果、新たに部員34人の陽性が分かりクラスターとなった。19人が陰性で、25人が結果待ち。部員は全員大学近くの寮で共同生活を送っていた。

 既に職員2人と園児1人の感染が分かっている八木北保育園では、新たに職員1人と園児2人の感染が分かった。全ての園児116人と職員28人の検査を終えている。

 柏市は、クラスターが発生した名戸ケ谷病院(同市新柏2)で、新たに50代の看護職員の女性2人が感染したと発表した。いずれも軽症。同病院の感染者は9人になった。柏第八小の10歳未満の男児も軽症。濃厚接触者の有無などを調査する。

 千葉市は、10歳未満から70代までの男女38人の新型コロナ感染を発表した。

 24日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市38人▽木更津市37人▽船橋市25人▽市川市、市原市が各16人▽松戸市14人▽柏市、浦安市が各11人▽八千代市8人▽習志野市、八街市が各7人▽流山市、鎌ケ谷市が各6人▽四街道市5人▽成田市4人▽佐倉市、印西市、富里市、白井市、袖ケ浦市、大網白里市が各2人、▽我孫子市、茂原市、いすみ市、東金市、山武市が各1人▽居住地不明1人▽県外5人だった。


  • LINEで送る