【新型コロナ詳報】千葉県内48人感染 柏市の小学校でクラスター 船橋市放課後ルーム職員も

 千葉県内で10日、新たに48人の新型コロナウイルス感染が判明した。累計で5434人となった。柏市では市立土小学校(398人)で児童4人の新型コロナウイルス感染が新たに分かり、既に感染が判明している児童1人と合わせて5人に増え、市内小学校で初めて感染者集団(クラスター)が発生したと発表した。いずれも軽症か症状がない。また、県は新型コロナに感染していた浦安市の80代女性が6日夜に死亡したと発表した。県内の死者は83人目。

◆12日まで小学校休校

 柏市は10日、市立土小学校でクラスターが発生したと発表。同校は7日から休校中で、新たに感染した児童4人の同居家族など濃厚接触者17人の検査結果が判明する見通しの12日まで休校を続ける。

 市によると、最初に発症した児童の濃厚接触者としてクラスメート31人のほか、担任教員と関係のあった職員各1人を検査し、児童4人の感染が分かった。同クラス以外に濃厚接触者はいない。

 最初に発症した児童は両親の感染が判明済みで、市保健所は「家族内感染の可能性が高い」と説明した。この児童を巡っては県内に一緒に出掛けた祖母で60代の女性の感染も判明した。

 また、40代男性は市消防局警防課職員で40代女性は妻。職員は消防現場での勤務はなく6日まで勤務していた。

 同課では全員マスクを着けて勤務しており、市保健所は同僚職員10人を健康観察対象として唾液を採取し執務室を消毒した。業務は通常通りで、庁舎や窓口の閉鎖はしない。

◆介護事業所入所者も

 県は10日、新型コロナウイルスに感染した浦安市の80代女性が6日夜に死亡したと発表した。県によると、女性は9月20日にせきの症状が出て、30日に検査を受けて陽性と判明。10月1日に入院したが、症状が徐々に悪化。6日に人工呼吸器を装着し、集中治療室で治療を受けていたが、6日に亡くなった。

 県は23人分を発表。成田市の50代男性が肺炎の症状がある。松戸市の90代以上女性と70代女性は同じ県内介護事業所に入所。既に職員2人の感染が判明しており、接触があった。同施設ではこれまでに73人を検査している。

 八千代市の30代女性介護士は県内介護事業所に8日まで勤務していた。八千代市の未就学児は同居家族らの感染が判明済み。また、松戸市の50代自営業男性の再陽性も発表した。

◆クラスターの事業所 同施設内で感染者

 船橋市は10日、市内居住者8人を含む10代~60代の11人の新型コロナウイルス感染を発表した。少なくとも2人の感染経路が不明。

 市保健所によると、市内居住の40代男性会社員は、クラスターが2事業所で発生した船橋市浜町の冷凍・冷蔵倉庫施設と同じ施設の別事業所に勤務。同施設の感染者は34人に増えた。

 市内居住の10代男子高校生は県内の高校に7日まで登校。同居家族の感染が判明済み。

 市内居住の10代男子学生の感染も分かったが、学校種別は非公表。同じ学校で既に友人が感染している。
 
◆放課後ルーム職員も

 また、船橋市は市立小学校の放課後ルーム(学童保育)に勤務する職員1人の感染も発表した。市によると、同居家族の感染が判明し、7日から出勤していない。無症状。職場に濃厚接触者はいないと判断している。

 同じ放課後ルームでは他に職員1人の感染が判明済みだが、感染経路は別とみている。同ルームは消毒の徹底や9日の臨時休所を経て10日に再開している。

◆接客業の男性も

 千葉市は10日、市内居住の20代と50代の男性計2人の感染を発表した。市によると、20代接客業男性は感染経路が不明で、5日まで県内の職場に勤務。6日に37・7度の発熱や喉の痛みなどの症状が出た。

 都内勤務の50代男性会社員は無症状。職場の同僚の感染が判明済み。

◆20代が最多11人

 10日に千葉県内で感染が確認された人の年齢層は、20代が11人で最も多い。次いで10代と40代の各9人、30代と50代が各5人、60代が3人、70代と80代が各2人、10歳未満と90代以上がそれぞれ1人。

 居住地別では▽柏市が13人▽船橋市、松戸市が各8人▽市川市、八千代市が各4人▽我孫子市が3人▽千葉市、成田市が各2人▽浦安市、習志野市、佐倉市、白井市が各1人だった。


  • LINEで送る