館山の住宅火災で2人死亡 近隣住民「爆発音した」

2人が死亡した住宅火災現場=7日午後3時55分ごろ、館山市
2人が死亡した住宅火災現場=7日午後3時55分ごろ、館山市

 7日午前11時25分ごろ、館山市西川名1067の住宅から出火、木造2階建てを全焼した。現場から年齢性別不明の1人の遺体が見つかったほか、病院に搬送された女性1人の死亡が確認された。館山署は、遺体は連絡が取れなくなっている住人の70代男性とみて身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 同署によると、男性は内縁の妻と2人暮らし。近隣住民が「2階建ての1階室内から出火している」と119番通報した。

 現場の近くに住む70代男性は「男性が外で雑誌に火を付けたまま家に戻り、煙が出ていたので『おーい』と声を掛けたら、家にいた男性の体の周りから火が出た。爆発音がしたから、アルコールをこぼしたか、家の中に燃える物があったのでは…。まさかあんな場所で火が出るとは」と驚いた様子だった。


  • LINEで送る