焼け跡から2遺体、高齢夫婦か 市原 未明に住宅火災 

焼け焦げたにおいが立ちこめる、市原市南国分寺台の住宅火災現場=28日午前6時55分ごろ
焼け焦げたにおいが立ちこめる、市原市南国分寺台の住宅火災現場=28日午前6時55分ごろ

 28日午前3時5分ごろ、市原市南国分寺台1の6の5、職業不詳、杉山彰さん(77)方から出火していると、近隣に住む女性から119番通報があった。木造2階建て住宅約120平方メートルを全焼し、約4時間半後に鎮火。1階部分から2人の遺体が見つかった。市原署は身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

 同署によると、杉山さんは妻のシゲさん(83)と2人暮らしで、いずれも連絡が取れていない。両隣の建物の外壁を焦がしたが、ほかにけが人はなかった。

 現場は市原市役所の南西約450メートルにある住宅街の一角。


  • LINEで送る