2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

車のガラス割り暴行か 千葉県警、共犯の男追う 病院置き去り死亡

送検のため千葉東署を出る田中容疑者=5日午前11時半、千葉東署
送検のため千葉東署を出る田中容疑者=5日午前11時半、千葉東署

 千葉市若葉区の病院で、職業不詳の島村智広さん(32)=埼玉県越谷市弥十郎=が男2人に置き去りにされ死亡した事件で、死体遺棄容疑で逮捕された住所不定、自称建設業、田中大樹容疑者(36)ら男2人が、島村さんが乗った乗用車のドアガラスを鈍器で割り、無理やり外に連れ出し暴行を加えたとみられることが5日、県警への取材で分かった。千葉県警は、島村さんが何らかのトラブルに巻き込まれたとみて捜査を進めている。

 県警によると、田中容疑者ら男2人は埼玉県八潮市の飲食店駐車場で、止まっていた島村さんの車の運転席と助手席のドアガラスを鈍器で割り、無理やり車外に連れ出して暴行。用意した車に島村さんを乗せ、連れ去ったとみられる。

 襲われた際、同乗していた女性は島村さんに促されて避難した。その後駐車場に戻ると、車内には着用していたとみられるTシャツや所持品、鈍器が残されていた。女性は「男2人と面識はない」と話していたという。

 県警は4日、逃走した男2人のうち田中容疑者を逮捕。仲間の男と共謀し3日未明、同区の千葉中央メディカルセンターの敷地内に島村さんの遺体を遺棄した疑いが持たれている。

 田中容疑者は「暴行を加え、意識や呼吸がない被害者を放置して立ち去った」という趣旨の供述をし、容疑を認めている。県警は捜査本部を設置し、殺人への関与も視野に調べている。

 県警は島村さんが襲われるまでの経緯や男2人との関係性を調べるとともに、田中容疑者と一緒に立ち去ったもう1人の男の行方を追っている。県警は5日、田中容疑者を死体遺棄容疑で送検した。


  • LINEで送る