2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

佐倉、作業中に男性死亡 佐倉署

 14日午後2時10分ごろ、佐倉市岩富町の自動車解体会社「ジェーケー」で、同僚と作業していた年齢不詳の男性が、重機のワイヤでつり上げた鉄柱(長さ約5メートル、直径80センチ)の下敷きになった。男性は頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 佐倉署によると、男性は外国籍とみられる。解体場の出入り口の門扉を建設中で、同僚が操縦していた重機のワイヤが外れた。同署は男性の身元確認を進めるとともに、同僚に事情を聴くなどして事故の原因を調べている。


  • LINEで送る