2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】千葉県で過去最多の73人感染 佐倉のカラオケ店でクラスター

 千葉県内で1日、73人の新型コロナウイルス感染が判明した。一日の感染者としては、3月28日に東庄町の障害者施設「北総育成園」で発生したクラスター(感染者集団)を含む計62人を超え最多となった。一方、佐倉市内の二つのカラオケ店でクラスターが発生したことも明らかになった。2店舗のいずれかを利用した6人の陽性が新たに判明し、感染者は計14人となった。

 県は、20代~80代の男女42人の感染が判明したと発表した。このうち半数以上に当たる22人の感染経路が不明。松戸市の70代男性会社員と木更津市に住む無職の60代女性が重症、集中治療室(ICU)で酸素投与を行っている。この2人の感染経路も分かっていない。

 県によると、佐倉市のカラオケ店2店舗に関わる感染者14人は60代~80代の男女。富里市の70代女性が中等症。双方の店を利用した客が1人いるが、詳しい感染経路は分かっていないという。

 柏市は、5人の感染判明を発表した。いずれも軽症。そのうち市内在住の20代~30代の男女4人は市内の同じ会社に勤務しており、既に県外在住の同僚の感染が分かっていた。

 同市によると、4人は7月下旬に会社の同僚複数人で居酒屋で食事をしており、県外在住の同僚も同席していた。市は、会社で他に濃厚接触者がいないか調べるとともに居酒屋でも聞き取りを進め、クラスター(感染者集団)発生の有無を見極める。

 船橋市は、船橋市居住者や市保健所で検査した10代~60代の男女16人の感染が判明したと発表。同市では一日の感染者数では4月中に判明した8人が最高だったが、倍増となった。

 千葉市は1日、市内在住12人の感染を発表した。一日の判明としては7月23、29日の11人を超え最多。感染経路不明は5人。このうち20代接客業男性は市内の接待を伴う飲食店で7月26日まで勤務していた。

 また、5人家族のうち両親と長男、次男の計4人の感染が分かった。長男は軽症、稲毛区の市立園生小学校に通っている。次男は無症状、市内の私立幼稚園児。このほか、20代~60代の男女8人も感染した。

 県内では3月28日、東庄町の障害者施設「北総育成園」で入所者や職員ら58人を含む計62人の感染が判明。一日の感染者としてはこれまでで最多だった。県は6月4日、同園の集団感染は終息したと発表した。


  • LINEで送る