2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

一宮、海岸駐車場再開へ きょう28日から、白子・長生も

緊急事態宣言発令を受け閉鎖された釣ケ崎海岸の入り口=4月19日、一宮町
緊急事態宣言発令を受け閉鎖された釣ケ崎海岸の入り口=4月19日、一宮町

 一宮町は27日、新型コロナウイルスの感染防止対策で閉鎖していた海岸の駐車場と一宮海岸広場の利用を28日から再開すると発表した。白子町と長生村も海岸駐車場を同日から順次開放する。緊急事態宣言が解除され、長生郡内の新規感染者も1カ月以上報告されていないことなどから判断した。

 一宮町によると、釣ケ崎海岸と一宮海岸にある駐車場を再開する。来年に延期された東京五輪サーフィン会場の釣ケ崎海岸では、28日の午前中に駐車場入り口に設置されている柵の撤去が行われる予定。

 閉鎖は4月8日から続き、同町サーフィン業組合の鵜沢清永組合長(44)は「サーフショップなどでは売り上げが低迷しており、少しずつ人出が戻ってくることに期待したい」と指摘。一方で「コロナが収束したわけではないので、密集を避けるなどしてサーフィンを楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 林和雄白子町長、小高陽一長生村長、馬淵昌也一宮町長は連名でコメントを発表。現段階では県境をまたぐ観光は、しばらく猶予が必要との国、県の方針を踏まえ「第2波の襲来が予想され、新しい生活様式の履行も求められている。来訪者には感染拡大防止に特段の協力をお願いしたい」としている。


  • LINEで送る