2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】松戸の施設3人死亡 「千葉西総合」医師2人感染

 千葉県内で22日、医師と保育士ら21人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉県は松戸市の80代と90代以上の女性計3人が21日に死亡したことも発表した。千葉県によると、3人は松戸市の介護施設「あきやまの郷」の入所者で、施設内にとどまり治療を受けていた。県内で確認の死者は16人、感染者は累計751人となった。

 千葉県は13人分の感染を発表した。このうち松戸市の男性医師と柏市の男性医師は千葉西総合病院(松戸市)に勤務する同僚。2人は新型コロナウイルスに感染して入院した患者2人を診察していた。同じチームで動いていたという。県は院内感染の可能性があるとみて、調査を進める。

 同病院は22日から原則として外来を予約のみの受け付けとし、夜間や時間外の診療も制限する。松戸市の医師は39・6度の発熱と体のだるさの症状がある。

 保育士女性は四街道市内の保育園に勤務している。16日の発症前後も勤務していた可能性があり、同園は保育士の感染判明を受け、22日午後から臨時で休園した。保護者には説明済みという。

 四街道市の看護師は勤務する聖隷佐倉市民病院(佐倉市)で、入院後に同ウイルス感染が発覚した患者と接触があった。19日に県が発表した印西市の40代女性看護師の同僚という。同病院は濃厚接触者15人を自宅待機とし、入院機能や外来を縮小しながら診察を続ける。木更津市の介護士は都内の勤務先で感染者と接触していた。

 千葉市は市内在住で30~60代の男女4人の感染が判明したと発表した。市内の診療所勤務の60代女性は発症前後に出勤しているが、マスクを二重にして着用。勤務先で症状が出ている職員らはいないという。

 船橋市は市内在住の30代と50代の男女3人の感染を発表。2人は軽症で、もう1人の症状は公表しない。30代男性は都内勤務の事務系公務員で、同居の家族4人を濃厚接触者として健康観察中。

 柏市は流山市在住の60代女性の感染確認を発表した。職業は不明。13日に熱とだるさが出て、20日に柏市内の医療機関を受診した。

 千葉県は22日、千葉県内病院に入院していた軽症患者5人を成田ゲートウェイホテル(成田市)へ移送。ホテルで療養しているのは計9人となった。

【22日発表の新型コロナ感染者】

松戸市  20代男性 医師
松戸市  60代男性 無職
松戸市  30代男性 会社員
松戸市  20代男性 会社員
松戸市  40代男性 会社員
千葉市  60代女性 診療所勤務
千葉市  40代男性 会社員
千葉市  60代女性 無職
千葉市  30代男性 接客業
船橋市  30代男性 都内公務員
船橋市  50代女性 会社員
船橋市  50代女性 非公表
四街道市 40代女性 看護師
四街道市 20代女性 保育士
流山市  60代女性 不明
市川市  30代男性 自営業
鎌ケ谷市 50代男性 自営業
白井市  50代男性 会社員
木更津市 60代女性 介護士
柏市   20代男性 医師

佐倉の高齢者施設「くつろぎの里」
佐倉市  70代男性 デイ利用者

※地名は居住地


  • LINEで送る