2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

飲食店支援へ情報発信 持ち帰り、宅配 SNSを活用 コロナ影響客足激減で 千葉県内各自治体

「#食べよう千葉市」キャンペーンチラシ
「#食べよう千葉市」キャンペーンチラシ
「#かまがやエール飯」のチラシ(鎌ケ谷市提供)
「#かまがやエール飯」のチラシ(鎌ケ谷市提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、客足が激減している飲食店を応援しようと、千葉県内各地の自治体が中心となってインターネットなどを使った情報発信に力を入れている。テークアウト(持ち帰り)に活路を見いだそうとする飲食店をSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などで紹介。持ち帰りできる店舗を検索できるアプリを立ち上げる動きもあり、協力して苦境を乗り越えようと支援の輪が広がっている。

 千葉市は、宅配や持ち帰りの新メニューを開発する飲食店の情報を検索できるよう、観光協会の会員店に呼び掛け、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターで「#食べよう千葉市」というハッシュタグ(検索目印)を付け、お薦めメニューを投稿してもらうキャンペーンを始めた。市観光プロモーション課の担当者は「呼び掛けにはお金がかからない。市民に各店舗の情報を知ってもらいたい」と話した。

 #キャンペーンは県内各地に拡大。船橋や柏をはじめ、鎌ケ谷、習志野、八千代、佐倉、木更津、君津、茂原の各市も同様の取り組みを展開し、地元飲食店の支援に乗り出している。

 また、銚子市観光協会は、テークアウト・デリバリーを行う市内飲食店を支援する特設サイト「地域の元気を応援!銚子市内の飲食店応援サイト!」を立ち上げ、郷土料理や中華料理など市内飲食店のさまざまなテークアウト・デリバリーのグルメを紹介している。

 旭市では、地元レストラン「KOU」がまとめた「旭市周辺テイクアウト・マップ」を、市観光物産協会のホームページ(HP)に掲載している。

 佐倉商工会議所は、テークアウトや宅配を行う市内飲食店を二つのウェブサイトで紹介。イベントの中止や特別セール情報なども載せている。

 木更津や野田、四街道、八街市も出前やテークアウトを行う市内飲食店の情報を市HPに掲載している。

◆独自アプリも開設

 検索アプリを開設し、利用促進を目指す取り組みも加速する。

 八千代市では、八千代台まちづくり合同会社などが飲食店応援プロジェクトを立ち上げ、持ち帰り対応店を紹介するスマートフォンアプリ「八千代TAKE OUT」を制作した。近くの店舗や食べたいメニューを検索でき、45店舗が登録している。

 我孫子市では、街歩きアプリ「あびこ巡り」で、テークアウト対応店と給食食材納入業者の店を紹介。また、市内の女性が立ち上げ2千人超が参加するフェイスブック内グループ「WE LOVE ABIKO」も、持ち帰りできる店舗の情報を発信している。

 流山市の市民有志は、市内飲食店紹介サイト「流山テイクアウトマップ」を開設。テークアウトメニューや場所などを掲載。流山商工会議所や市ふるさと産品協会は会員への呼び掛けなどで協力する。

◆弁当販売店を一覧に

 東金商工会議所は、弁当宅配サービスや持ち帰り対応をしている東金市内の飲食店をまとめた一覧表「東金わくわくお弁当ガイド」を作成した。

 横長のチラシに中華やカフェ、和食など多様なジャンルの計18店を掲載。弁当の価格帯や最小注文個数、注文時間などを各店とも書式を統一し表記した。

 店によりサービス内容が異なるため「持ち帰り」はだいだい色、「宅配」は黄緑色、「持ち帰り」「宅配」両方は桃色と一目でわかりやすく色分けした。


  • LINEで送る