富津の潜水漁男性、ホース絡まり死亡

 24日午前6時45分ごろ、富津市新富の沖合で潜水漁をしていた人から「仲間が作業中にホースが絡まり身動きがとれず、意識も呼吸もない」と第三管区海上保安本部に118番通報があった。

 富津署によると、富津市富津の漁師、斎藤誠二さん(42)が搬送先の病院で死亡が確認された。斎藤さんは同6時半ごろから同市新富の沖合約3メートルの海中に潜り、ナマコ漁を行っていた。その際、何らかの原因で空気を送る潜水用具のホースが船のスクリューに絡まったとみられる。同署が詳しい状況を調べている。


  • LINEで送る