トイレに実弾入り拳銃置き忘れ 成田国際空港警備隊の巡査長「失念してしまった」

 千葉県警成田国際空港警備隊は25日、同隊の男性巡査長(26)が成田空港の従業員用トイレに実弾5発入りの拳銃と手錠、警棒を置き忘れたと発表した。航空会社の男性職員が見つけ、約5分後にいずれも回収。不正に使用された形跡はないという。

 同隊によると、巡査長は休憩中の24日午後4時半ごろ、第3旅客ターミナル3階にある従業員用の男子トイレの個室に入り、ベルトに装着した拳銃と手錠、警棒を床に置き忘れたまま立ち去った。

 直後に男子トイレを利用した航空会社の男性職員が置き忘れに気付き、同隊に通報。回収され紛失物はなかった。巡査長は「(装着するのを)失念してしまった」と説明している。

 同隊の広川大介総務室長は「警察官が拳銃などを置き忘れることはあってはならない。指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。


  • LINEで送る